様々な賃貸

物の売買の場合は、通常は売主と買主の2者間で売買契約が成立します。
コンビニなどの買い物がその例です。
ですが、不動産の場合は少し違い、多くの場合土地や建物を売買する場合には売主と買主との間に仲介業者が介入します。
仲介業者が介入するメリットは売主の面倒な手続きや営業行為などを代わりにやってくれるため、売主は広告や営業などでわざわざ人を雇うことはなくなります。
そのため売り主側は人件費も節約できるようになるのです。
買主にとっても仲介業者がいることで物件を探しやすくなるのです。
デメリットは、売主、買主ともに手数料がかかることです。
手数料はその不動産が400万円以上の場合は物件の6パーセント以下の金額と消費税になります。

不動産売買の場合、物件その物にかかるお金だけではなく司法書士による登記や仲介業者による手数料がかかります。
ちなみに司法書士に登記をお願いする場合はおおよそ20万円から30万円かかると言われています。
ただ、これらは必ずしも司法書士を利用したり仲介業者を利用しなくてもよいのです。
例えば登記の場合は、自分で登記をすることができれば自分でしたほうが安上がりです。
また、仲介業者を利用しなくても売主と買主の間だけで成立することができます。
もちろんそれぞれ専門家ですので難しい手続きは専門家に頼んだほうがいいという意見もありますが、どうしても安く済ませたい場合には、自分で勉強をして手続きや登記をしてみてもいいでしょう。