行っているサービス

家を建てたりあるいは家を借りたりする時に仲介業者という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
駅前などによくある不動産屋を仲介業者と呼んだりしますが、この仲介業者というのは一体なんでしょうか。
仲介業者というのは、売買契約の場合、売主と買主との間に入ってその売買を仲立ちする業者のことです。
普通、物を買う場合はそれを売る立場の人(売主)とそれを買う立ち場の人(買主)がいて初めて売買契約が成立します。
不動産の場合普通は、売主はその家を地主から買い取った建設会社であり、買主は家を求めている個人であるのです。
売主は通常不動産の宣伝やあっせんまですると余計に人件費がかかってしまいます。
そこでその中間を担う業者を利用するわけです。

仲介業者と特徴は、売主と買主の間に入って不動産売買を仲介していくわけですが、その時に売主と買主がそれぞれ必要なのが手数料です。
つまり、業者としては、その手数料で儲けているわけです。
通常手数料は、400万円以上の物件であればその物件の価格の3パーセントを上限としています。
それに消費税が加わることになります。
では、買主と売主の間に業者をわざわざ挟まなくてはいけないのでしょうか。
実はそんな決まりはなく、不動産と言えども売主と買主だけで売買を成立することも可能になります。
また、類似の制度に代理という制度があります。
代理とは売主の代わりにその契約をする人のことで、この場合は、手数料などは通常取らないのが特徴です。